お知らせ・イベント

ニュースリリース『「ローズフェア」(4/27~6/2)開催!「横浜ローズマルシェ2019」(5/11~5/14)を初開催』

 

2019年4月11日  NEWS RELEASE

横浜イングリッシュガーデン「ローズフェア」開催 4月27日(土)~6月2日(日)

初開催!「横浜ローズマルシェ2019」5 月 11 日(土)~5 月 14 日(火)

横浜イングリッシュガーデンでは、4月27日(土)~6月2日(日)の期間、今年も「ローズフェア」を開催します。1,800品種2,000株以上のバラの多くは、植え付け後約7年が経過し、若い株のような力強さこそないものの、成熟した株ならではの柔らかな印象の花をふんだんに咲かせます。また、リニューアル当初に比べると園内の木々が大きく成長し、バラや下草と緑とが心地よく調和する国内でも例のないバラの景観が楽しめ庭にもなりました。一年に一回の美しい季節を、どうぞご覧になってください。

4月11日現在、バラの開花はほぼ例年通りの時期に開花すると予想され、極早生品種はGW前から開花が始まり、GW後半から明け頃から見頃を迎えそうです。5月中旬頃には50m以上のツルバラのローズトンネルも満開になる見込みです。ローズフェアの開催に合わせて、毎年好評のバラの朝一番の香りを楽しめる「早朝プレミアム開園」を、初日の4月27日(土)より実施いたします。また、ローズフェア期間中には、今年は下記の各種イベントを実施します。合わせてこちらもお楽しみいただけると幸いです。

 

「ロイヤル・ローズ展示会」(本年限定)

平成から令和へと移りゆく2019年。GW期間中には新しい天皇陛下の即位に伴う一連の行事が予定され、日本の皇室には例年以上に多くの国民の関心が集まっています。横浜イングリッシュガーデンでは、美智子皇后様が皇太子妃であった時代に贈られた‘プリンセス・ミチコ’や、皇后になってから贈られた‘エンプレス・ミチコ’の他、日本の皇室にちなんだバラ10品種を一堂に集めて、4月27日よりGW期間中に展示します。中には‘プリンセス・ナガコ’や‘プリンセス・タカマツ’のように国内でもなかなか目にする機会がない希少な品種も含まれています。ぜひこの機会にご覧になってください。

 

「横浜ローズマルシェ2019」(初開催)

国内有数のバラ苗専門店が一堂に会する「横浜ローズマルシェ2019」を、横浜イングリッシュガーデン前にて初開催いたします。既存営業中のコピスガーデン横浜と合わせて、世界中の品種のバラ苗が勢揃いするような規模になると思われます。園内のバラをお楽しみ頂いた後は、お気に入りのバラを見つけてお買い物もお楽しみください。

開催期間:5月11日(土)~5月14日(火)  ※一部5月19日(日)まで延長出展あり。

開催時間: 10:00~18:00(予定)

会場:tvkハウジングプラザ横浜 中央通り(横浜イングリッシュガーデン・エントランス前)*入場無料

 

< 参加ナーセリー >

コピスガーデン横浜(大森プランツ㈱)

主な取り扱いブランド:ギヨ、ワーナー、フライヤー、イングリッシュ・ローズ(輸入苗)など

京成バラ園芸㈱

主な取り扱いブランド:メイアン、コルデス、タンタウ、京成バラ園芸作出品種など

㈲コマツガーデン

主な取り扱いブランド:イングリッシュ・ローズ(国産苗、希少品種)、河合伸志作出品種など

㈱花ごころ

主な取り扱いブランド:デルバール、河本バラ園作出品種、ロサ・オリエンティス、ドリュなど

※(公財)日本ばら会による苗頒布会も同時開催

 

<イベント>

特別参加のナーセリーのバラ・園芸業界の専門家によるトーク・イベントを実施します。

・5月14日(火)午前11:00~  開催場所:ヨコハマくらし館 イベントスペース(予定)

入谷 伸一郎 氏(京成バラ園芸㈱)  聞き手:河合 伸志(横浜イングリッシュガーデン スーパーバイザー)

…「マニアの神様」と呼ばれ、今業界で最もホットな人物とされる入谷氏による、興味深いバラの紹介や、知って得する栽培に関する「目からうろこ」な話をお届けします。*当日は入谷さんお勧めの希少品種の苗の販売が実施されます。

・5月17日(金)午前11:00~

後藤 みどり 氏と安藤 芽衣 氏(共に㈲コマツガーデン)

… バラナーセリーで共に働く母と娘が語るバラ談義。玄関周りを飾るバラなど、暮らしの中でバラを楽しむコツを、女性目線で語ります。

・㈱花ごころ … 現在調整中

※天候や出演者の都合等により内容、時間等が変更になる場合があります。開催に関する詳細や変更がある場合は、横浜イングリッシュガーデン公式HP、SNS等でお知らせします。

 

「(公財)日本ばら会 春のバラ展2019」(初開催)

1948年発足の歴史ある「公益財団法人 日本ばら会」の会員による展示会(最高品質の切り花の展示や、栽培技術を競うコンテスト等)が、横浜イングリッシュガーデンにて初開催されます。本展示会のコンテストは国内最高ランクに位置するもので、全国各地の名人達がその技でしのぎを削り合います。また、「横浜ローズマルシェ2019」会場ではバラ苗の頒布会も実施します。*入場無料

開催期間:5月11日(土)~5月14日(火)  開催時間: 10:00~16:00 (最終日は15:00終了)

会場:tvkハウジングプラザ横浜「ヨコハマくらし館」セミナールーム(横浜イングリッシュガーデン隣接)

 

「メモリアル・オブ・デビッド・オースチン~デビッド・オースチン追悼展~」(本年限定)

20世紀中頃よりバラの育種(品種改良)を始めた英国の育種家デビッド・C・H・オースチン氏は、当時のバラにはなかった四季咲き性のクラシック調(古い時代のバラの花姿)の花をその目標に据えていました。独自色の強いその作風は当初世間より冷遇され、長く苦しい時代を過ごすことになります。しかし1980年代になるとその価値が広く認められるようになり、世界のバラの潮流は一気にクラシック・スタイルへと変化していきました。その興隆はまさに「バラのルネサンス」とも言うべきもので、先駆者であったオースチン氏のバラ(イングリッシュ・ローズ)は他の多くの育種家達の作風にも多大な影響を与えることとなりました。そして、今ではクラシック調のバラが世の中の主流となりました。このようにバラの歴史に多大な影響を残したオースチン氏ですが、残念なことに昨年12月に92歳でその生涯の幕を下ろしました。

横浜イングリッシュガーデンではデビッド・オースチン氏への追悼の思いを込めて、既存の植栽株も含めたオースチン氏の作出花160品種以上を、5月7日より園内で特別展示を行います。その中にはデビッド・オースチン・ロージーズ㈱ の協力により実現した国内初公開の最新品種2品種や、米国限定品種で国内では目にすることが少ない‘カーディング・ミル’や‘ジ・エンデバー’‘ビショップス・キャッスル’、‘カンタベリー’や‘シンティレーション’などの希少な古品種も含まれています。期間中には園内に、バラの専門家でもあるスーパーバイザーの河合伸志が作成した特別解説パネルを設置し、パネルを辿りながらイングリッシュ・ローズの歴史などを学ぶことができます。また、「横浜ローズマルシェ2019」会場では入手困難なイングリッシュ・ローズの国産苗が㈲コマツガーデンのブースにて販売されます。

 

 

「藤川志朗 ~花のイラスト展~」(初開催) 

全国各地で個展を開催している、北海道在住のイラストレーター・藤川志朗氏による展示会を、tvkハウジングプラザ横浜内のワークショップギャラリーにて初開催いたします。優しく親しみやすいタッチの水彩で、様々な植物の特徴を的確に捉えた藤川氏の作品をご覧いただけます。また、絵やグッズの販売も実施予定です。*入場無料

開催期間:5月4日(土)~5月8日(水)

開催時間: 10:30~17:00 (最終日は15:00終了)

会場:tvkハウジングプラザ横浜・ワークショップギャラリー(横浜イングリッシュガーデン・エントランス付近)

 

 < ローズフェア期間中の入園料について >

4月27日(土)~6月2日(日) 営業時間:10:00~18:00(最終入園17:30)

大人:800/1,000/1,200円 小人(小中学生):400/500/600円

※バラの開花状況により変動します。変更日は、公式HP等にて事前にお知らせいたします。

YEG年間パスポート(1年間入園無料):年会費 5,000円

*早朝プレミアム開園   4月27日(土)スタート

受付時間:8:00~9:30  ※早朝プレミアム開園時間にご入園頂いた方は、通常営業時間帯も園内でお楽しみいただけます。

大人:その日の通常入園料+500円、小人(小中学生):その日の通常入園料+200円

 

【 お問い合わせ先 】

横浜イングリッシュガーデン  TEL:045-326-3670  FAX:045-313-2280   ( 営業時間 10:00~18:00 )

〒220-0024 横浜市西区西平沼町 6-1 tvk ecom park

 

 

ヨコハマくらし館tvkハウジングプラザ横浜デジタル3ch テレビ神奈川
PAGE TOP