横浜イングリッシュガーデン公式サイト

掲載情報

不思議フルーツジャボチカバ!

2014/06/23 17:34 up!

横浜イングリッシュガーデンにある4m級の

幹に直接実がなる!不思議フルーツ!

「ジャボチカバ」のご紹介です!

学名:Myrciaria cauliflora、英語: Jabuticaba
フトモモ科の常緑高木。
名称はブラジル先住民族トゥピの言葉で「亀のいる地」という意味。果物として食用に栽培され、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビアなど原産地です。
完熟した果実は糖度が20度にも達し、ポリフェノールを豊富に含むなど優秀植物ですが、劣化が早いという欠点があり、市場にはほとんど出回っていません。実際に4mを超える木に果実が実っているものを、日本で見られる場所は少なく、とても貴重な木です!近年注目も集めてきている植物です。ちなみに果実はライチのようなぶとうのような味に似ています。

今年の春、YEGにやってきた不思議フルーツジャボチカバ

一度実が終わり、そしてまた実を付けました!!

四季生りのジャボチカバだったようです!

2014年5月31日はこのように花をたくさんつけました!

そして2014年6月16日には実が生り始めました!

そして2014年6月23日、こんなに熟しました~!!

とっても不思議なジャボチカバ、是非見にいらっしゃって下さい~!!

こちらは、今年の3月、産経新聞さんと、神奈川新聞さんに取り上げられました~!
204.3.22産経新聞

2014.3.23神奈川新聞